213’s Photo Diary

写真や機材についてまとめる日記みたいなもの

新緑と381系「やくも」 備中川面駅付近 (2022年5月3日)

こんにちは。213です。

 

今回は伯備線の特急「やくも」です。ゴールデンウィーク中に行くチャンスがあったので撮影してきました。

「やくも」といえば、国鉄型の381系でいまだに運行されている特急電車として有名です。3月からは国鉄色リバイバル編成も登場し、現在盛り上がりを見せています。2024年には新型車両へ置き換わっていくこともあり、撮影をするなら今しかないというわけです。

 

今回の出発地は倉敷です。そこから普通列車伯備線を北上し、新見駅手前の「備中川面駅」までやってきました。撮影地は備中川面駅から北へ15分ほど歩いたところにあるカーブした鉄橋です。踏切横からの撮影になりました。普段は30分以上歩いているのでずいぶん楽に感じました笑 

倉敷を7:42発の列車に乗り8:28に到着しました。そのような時間だったのですが撮影地にかなりの人がおり、何とか人をかわしながらの撮影になりました。

 

 

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

ある程度待機した後に、「やくも」8号の岡山行きがやってきました。国鉄色に塗装された編成です。国鉄色は「8・9・24・25」号が該当するとニュースでも報じられているのでお手軽に出会えました。

あまり詳しくないですがこの編成の特徴を2点。一つ目は6両編成でした。パノラマではないやくもは4+3の7両とかが多いですが、通常の顔で6両の固定運用のようです。二つ目は岡山側の先頭車は貫通扉で、スカートがガッチリしてました。本当の通常顔を見たいなら出雲市よりから見てみましょう。

この列車が通過するとほとんどの人が移動していきました。おかげでいいポジションに移動できました。まだまだ撮影は続けます。

 

続いて普通列車を撮影しました。

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

新見行きの113系4両編成です。黄色いこいつに会うと中国地方に来た感があります。広島からは一掃されてしまったので、そろそろ引退の足音が聞こえてくるのではないでしょうか。

 

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

同じく新見行きの213系2両編成です。短いのでちょっぴり寂しい感じです。

 

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

こちらはやくも9号の出雲市行きです。後ろからの撮影になりましたがきれいに収まりました。

先ほどの写真ではアイレベルの視点でしたが、今回はローアングルにしました。先頭車に迫力が出ていいですね。時間が経過して側面に太陽光が当たりはじめました。前面に影が入りやすくなりますが、立体感を演出するにはちょうどいいです。

 

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

最後にやくも12号です。通常色かつパノラマ編成です。今回の撮影で一番気に入っているカットになりました。新緑の緑と赤い帯が補色になっていて列車を引き立たせてくれました。

 

今回はここまでです。

この日は天気が良かったため5月の新緑が映える一日でした。その中を赤い特急列車が走る場面を撮影できたのは非常にうれしかったです。正直「新緑」というものをナメていました。sRGBじゃ厳しいのではとすら思いました。紅葉もいいですが、新緑シーズンも撮影に行くことをおすすめします。

今回の撮影地ですが、倉敷からお手軽にアクセスできる割に整った構図で撮影できる良スポットだなと感じました。岡山方面の先頭車に対しての撮影のため、バリエーションには乏しいですがい場所だったと思います。ダイヤによってはEF64の貨物も撮れるようで、今回撮影できなかったためうらやましいです。

この場所しか訪れていませんが満足度が高い撮影になりました。

それでは

大判カメラと氏邦桜 (2022年3月27日)

こんにちは。213です。

 

今回は埼玉県寄居町エドヒガンザクラ、「氏邦桜」を撮影きてきました。

そして機材の方が大判カメラです! ついにここまで来ました。はじめての大判カメラ、果たしてちゃんと撮影できたのでしょうか?

 

 

f:id:photo213:20220414001928j:plain

WISTA45 + Schneider Kreuznach SYMMAR-S 135mm f/5.6 + FUJIFILM PROVIA 100F

こちらがはじめての一枚! 最初から無事に写ってくれました。

はじめての感想ですが、個人的には思っていたより簡単でした。というのも私には暗室での引き伸ばし経験があり、そのプロセスが近いためなんとなくでも撮影できました。感光などのやったらいけないこととかはわかっていたので経験が活きいました。

冠布なしかつしょぼいルーペで撮影したので画角とピントは難しいのですが、こちらもなんとなくでなんとかなりました。道具があればもっと容易に撮影できそうです。

 

f:id:photo213:20220417184610j:plain

FUJIFILM X100F

こちらはX100Fの写真です。春っぽい現像にしました。

ここで大判カメラの「アオリ」について。X100Fは換算で約35mmのレンズを搭載しています。一方フィルムは135mmのレンズで、換算で0.28倍して37.8mmに当たります。しかし画角の余裕感はフィルムの方がありませんか? これはアオリの一種である「ライズ」を利用しているからです。

詳しい解説は割愛しますが、アオリを用いることでゆがみや画角の調整を行うことができます。これが大判カメラ!楽しい!

 

 

f:id:photo213:20220417193457j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

氏邦桜とカタクリの花です。土塁に植えられたカタクリも咲いていて、ひとつの写真に収めて撮影している人が多かったので私もやってみました。

 

f:id:photo213:20220414002535j:plain

WISTA45 + Schneider Kreuznach SYMMAR-S 135mm f/5.6 + FUJIFILM PROVIA 100F

フィルムホルダーへの装填は暗袋で行います。こちらは少し難しいなと感じました。フィルムが間違って遮光板の方へ入ってしまう時もあったので苦労しました。おかげで一枚だけ露光位置がズレていました笑笑

 

f:id:photo213:20220414002559j:plain

WISTA45 + Schneider Kreuznach SYMMAR-S 135mm f/5.6 + FUJIFILM PROVIA 100F

使用したカメラはウイスタです。日本製で藤のバッジが特徴です。このカメラを触るまでは聞いたことがないメーカーでしたが、大判業界では割とポピュラーだそうです。外観はリンホフ・テヒニカシリーズに似ていて使いやすいです。

レンズはシュナイダー・クロイツナッハのジンマーSです。シュナイダー製では一番ベーシックなレンズ名です。オルソメタータイプの構成で、明るさは不要だが歪まず高性能という要件を満たすのに適しているそうです。f/5.6のレンズですが、撮影時はf/32まで絞っているので明るさは不要ですね笑

 

f:id:photo213:20220414002629j:plain

WISTA45 + Schneider Kreuznach SYMMAR-S 135mm f/5.6 + FUJIFILM PROVIA 100F

こちらは多分コブシの花です。あんまり詳しくないので参考程度で… こちらも一本だけ目立つように植えられていたので撮影しました。

デジタルデータ化はZ 6と24‐70mm f/4による接写で行いました。60mmマイクロも持っていますが色収差が激しいレンズなのでこちらを使いました。rawでフィルムを撮影して、Lightroomで大まかなトリミングと色調整を行い、Photoshopで歪み調整を行いました。Photoshopでの色調整は苦手です笑
色は原版に近づけています。完璧な再現にはなりませんがそこそこ頑張ったと思っています。しかし、画像の高精細さには負けてします。原版の圧倒的な描写はデジタルデータでは伝わりません。こればかりは原版を持っているのみが楽しめる点ですね。

 

今回はここまでです。

カメラとフィルムのことばかり書いてきたので最後に「氏邦桜」について簡単に。

埼玉県寄居町鉢形城跡に存在している、エドヒガンの一本桜のことを「氏邦桜」と呼んでいるようです。ソメイヨシノよりは早咲きで今回は4月1日あたりが満開だったはずです。アクセスはよく、車の場合は駐車場がありますし、電車の場合でも寄居駅鉢形駅か徒歩20分くらいで行けます。東京からは池袋で東武東上線を利用しましょう。

この氏邦桜、これでも満開ではないそうです。まだまだ余力があったようで懐の深さというか長寿の余裕というか素晴らしい桜だなと改めて感じました。天気が良ければ長い期間楽しめる桜だと思います。

 

いやー大判カメラ楽しいですね。ほどほどに向き合っていこうと思います。それでは!

小田急線・東京の夜とVSE (2022年3月初旬)

こんにちは。213です。

長いこと続けてきた小田急編ですが、この回で一区切りとします。

今回は夜の都心で撮影です。撮影できるところは限られていますが、わずかな明かりを頼りに撮影してきました。

 

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

小田急複々線区間で内側の急行線を走るVSEです。ホームからの撮影なので光が車体へわずかに届く程度ですね。おかげでカラーバランスがぐらつきます。

 

 

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

代々木八幡直前のカーブで撮影です。新宿の高層ビル群が後ろに見られます。

この撮影地は昼の写真はネットに上がっていますが、夜に撮影できるかが未知数でした。結果的に踏切のライトを利用して撮影しました。高層ビルの明かりを交えたいという狙いがあったのですが、概ね達成できました。

画角については200mmだとトリミングが結構必要です。サンニッパ、またはそれに類するスペックがあると楽かもしれません。

 

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

南新宿駅横の踏切です。有名撮影地です。こちらも踏切の明かりを利用しました。都心に踏切はないと思っていましたが新宿周辺は意外と残っています。

 

 

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

こちらは新宿駅を出てすぐの踏切です。南新宿とは目と鼻の先です。

流し撮りをしたところ3号車しかタイミングよく止まらなかったのでこの写真です。3号車はVSEの特徴とも言える車両で、インテリアもエクステリアも他とは違います。VSEのロゴが入った車両なので記録できてよかったです。

 

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

同じ踏切を至近距離で撮影です。スナップ感のある一枚になりました。この日常も終わりを迎えたことになります。

 

 

今回は以上です。

去年は185形を集中して撮影し今年はVSEに取り組みました。おかげで小田急小田原線についてはそこそこ知ることができました。GSEも魅力的なので季節ごとに追っかけようと思いました。

今回の写真については、撮影に難しい環境でしたが、記録に残せてよかったです。特に2枚目は狙い通りの形になったので満足しています。

以前にも書きましたが、VSEは新入社員研修の時にお世話になった車両で思い出深いです。たくさん記録を残せてよかったです。

それでは

小田急線・富士山が見える景色へ (2022年2月〜3月)

こんにちは。213です。

 

今回は小田急線と富士山が見える景色へ行ってきた記録です。3箇所ほどご紹介します。

 

川音川橋梁

新松田駅から東へ20分ほど進んだところにある川音川橋梁です。橋を渡る小田急線と富士山を合わせて撮影できます。

f:id:photo213:20220321153737j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S + Z TELECONVERTER TC-2.0x

有名撮影地名で写真がたくさん出回っていると思います。こちらは新宿行きの5000系です。

 

f:id:photo213:20220321153850j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

こちらは小田原方面の回送です。下りの列車の方が大きく見えます。

この撮影地は露出や調整が非常に難しい立地に感じます。後ろの冠雪を白飛びしないようにするのが難しいですし、高コントラストになりやすく派手派手な写真になりやすいです。どうやって仕上げていくか難しい場所だと思います。

 

f:id:photo213:20220321154456j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

お目当てのVSEです。撮影地横が鉄橋なので、独特の走行音も楽しめます。

この場所は出来るだけハイアングルの方が、架線柱や床下のような細かいポイントを潰していけると思います。余裕のある方は持ち出してみるのもいいかも知れません。

 

 

f:id:photo213:20220321154915j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

縦構図も撮影です。この場所は撮影視点自体はたくさんありますが、スイートスポットは結構限られます。縦位置の場所は比較的人気がない方なので、空いていたらカメラを構えてみてもいいかもしれません。

この撮影地、実は5回ほど行っています。行っても曇りで富士山が全く見えないなんてことが結構ありました。行く時は大体始発でしたし、しばらくは行きたくないと言うのが本音です… 

 

 

酒匂川橋梁

こちらも新松田駅から西へ進んだところにあります。側面からさまざまな撮影方法を楽しめます。

f:id:photo213:20220321155045j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

上記撮影地と同日に訪れました。編成を入れた水鏡が有名な撮影地ですが、私は先頭車優先で撮影しました。編成を全部入れると、写真右側に情報が偏りバランスが悪いなと思ったのでやめました。8号車(画面左端の切れている車両)まで入れれば良かったとという後悔が若干あります…

線路構造的には下りの小田原方面行きを撮影するのが良さそうです。

 

 

弘法山公園

秦野駅より徒歩50分ほど歩いたところに小高い山があります。そこの展望台から撮影しました。秦野市街地と富士山が見られます。

f:id:photo213:20220322190405j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

秦野駅周辺のビルを入れて撮影しました。小田急はちょっと小さいかな笑

3月に入り、花粉やら黄砂やらでPM2.5の濃度が濃くなったのでしょうか。遠景が厳しい日になりました。雲一つない日でしたがちょっと悔しい1日でしたね。

撮影後は秦野市街地を少し歩きましたが、レトロな雰囲気があっていい街でした。喫茶店やケーキ屋などグルメも楽しめそうなのでお散歩にいいと思います。

また、秦野には富士山バックの有名撮影地がありますが、そこでは撮れませんでした。場所が狭く、現場の人とうまく場所を融通しないと数人で埋まってしまいます。私は定員オーバーだったので直前で撤収しました…

 

今回はここまでです。

休日なのに普段より早起きをしていたのが辛かったです。その上曇りだったのでキツかったです。ちゃんとGPVを見ていたのですが…

富士山との組み合わせは構図が不自然になりやすくて難しいです。その中でも秦野の俯瞰は個人的に好きです。俯瞰故バランスが取りやすくて、場所の主張もありわかりやすいかなと思います。秦野駅周辺を切って、ズームすればもっとわかりやすくなりそうです。

 

VSEネタは色々撮りましたが、次が最後くらいですかね。新宿近郊で少し撮ったのでそれだけまとめればおしまいです。

それでは

小田急線・大山の冠雪 (2022年2月11日)

こんにちは。213です。

 

お久しぶりの投稿です。

3月のダイヤ改正が実施され小田急のダイヤからVSEは無くなってしまいましたが、写真のストックはあるので投稿します。

 

この日は首都圏で雪予報が出されました。どこかで雪が見られないかなと小田急を訪れると、大山が冠雪していたので記録のため伊勢原駅で電車を降りました。

というわけで、またまた伊勢原鶴巻温泉付近で撮影しました。

↓同じ場所での撮影記録です↓

photo213.hatenablog.com

 

 

f:id:photo213:20220315233836j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

伊勢原鶴巻温泉は田園地帯のため開けています。建物に遮られることなく大山を撮影できるのはここかなということでやってきました。

大山が冠雪するかは日によって異なるようです。写真でもわかりますが、雪の量が多いわけではないので、すぐに溶けてしまうこともあるそうです。雪が見たいという名目ですが、平地ではあんまり雪降らなかったようですね笑

 

f:id:photo213:20220315233909j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

こちらは広角で全編成を入れた写真です。鉄塔を入れるか入れないかは好みですね。この写真は入れました。

それにしてもGSEの赤色は強烈です。どこで見ても圧倒的な存在感です。

 

f:id:photo213:20220315233937j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

通勤型の8000系を撮影しました。10両は長いので車両が小さくなってしまいます。

この日の天気はまあまあです。画面右の東側は抜けがよく青空が広がっていましたが、西側は雲が多く青空は見えません。写真では大山上空にチラホラ雲が出ていますね。

 

f:id:photo213:20220315234001j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

VSEがやってきました。16:9のアスペクト比に変更してバランス調整をしています。

特急型の一編成は、通勤型と比較して6〜7両程度の長さのため画面の収まりがいいです。VSEの中間車は全長が短いですから横に間伸びせず撮影できました。

 

f:id:photo213:20220315234021j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

先頭車重視で撮影です。他の特急型にはない流線型の先頭はやはり美しいです。

徐々に太陽の角度が変わってきて、車体にも影を落とすようになってきました。午前中に撮影を済ますのが吉と思われます。

 

今回はここまでです。

実はこの日の朝に松田で富士山を撮っていたのですが、めちゃくちゃ曇ったため仕方なく帰ろうとしていた時にたまたま目について撮りに行きました。結果的には大正解。頑張って寄り道してよかったです。相変わらず徒歩移動だけど笑

写真も満足しています。季節を感じられるのがいいですし、小田急が観光地として推している大山とセットということで「らしさ」というのがあるのでないでしょうか。

 

それでは

小田急線・伊勢原の夕焼け (2022年1月29日)

こんにちは。213です。

 

前回の記事に引き続き小田急線の撮影です。

前回までの記事はこちら

photo213.hatenablog.com

photo213.hatenablog.com

 

夕方になり、帰り路の途中に鶴巻温泉駅で下車しました。ここから伊勢原駅方面に進むと田園地帯があるのでそちらへ向かいました。

 

f:id:photo213:20220221205611j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

鶴巻温泉より20分ほど歩いた場所です。小田原方面からやってきた8000系を撮影しました。

まだ太陽が出ている時間です。架線柱の手前はシルエットになっていますが、奥にいくに従って光を反射するかたちになり面白いです。車体の上部に綺麗な光線が入るのもいいですね、

 

 

f:id:photo213:20220221210308j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

流し撮りもしました。ここで流し撮りをしている方は多いようです。

10両編成全部を入れるか、一部を入れるか悩ましいところですね。今回は周りの景色とかも欲しかったので全体を入れるイメージにしました。

 

f:id:photo213:20220221210616j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

日が山の裏に隠れましたが、雲が焼けているので撮影を続けました。山のシルエットがはっきりとしてきました。夕焼けがしそうな雰囲気です。

 

f:id:photo213:20220221210711j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

GSEです。1番綺麗なタイミングで通過してくれました。赤い車体が夕焼けとマッチしていていい写真になりました。この写真を撮れただけでも来た甲斐がありました。

 

この日はこれで終了です。

感想ですが、もう体が限界でした笑 この日は徒歩で渋沢から新松田を一往復して、鶴巻温泉からも歩きました。それでも35,000歩とそんなものかと思いながらも、疲れたことには変わりありません。その日は足が痛くて寝つきが悪かったです笑

写真ですが、この日は結構満足できました。曇り空でしたが、VSE の並びを見たり、夕焼けが発生したりと運が良かったです。別のシーズンにもう一度撮影に行きたいですね、次回はもうちょっと楽な工程にします笑

それでは

新松田・川音川の俯瞰 (2022年1月29日)

こんにちは。213です。

 

第二菖蒲トンネルの撮影を終えて新松田方面へ移動しました。

第二菖蒲トンネルの写真はこちら

photo213.hatenablog.com

 

渋沢から新松田の渓谷を向けたところに俯瞰ポイントがあるので行ってみました。

 

f:id:photo213:20220213215833j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

この場所は、川音川沿いを走る国道246号から急坂を少し上ったところです。徒歩でなんとか行けるところですね。

 

f:id:photo213:20220213220614j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

鉄橋を渡るVSEです。奥には、このあたりでよく見かけるコンクリート工場です。この場所らしい景色といえますね。

こうやって見るとVSEは先頭車両だけ長くてあとは短いというのがよくわかります。

 

f:id:photo213:20220213221720j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

完全に鉄道写真家の中井精也さんの真似をしました。ソニーストアの広告になっていたはずです。シーズンが全然違うので印象は違いますが同じはずです。

真似して分かったのですが、写真家は発想力とか引き出しが多いんだなと感じました。まあこの人が特にこのような極端な写真が多いから、このような写真を撮影したというのも考えられます。

 

f:id:photo213:20220213223446j:plain

Nikon Z 6 + NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

通勤型も撮影しました。GSEほどのパンチはないですがいいですね。渋い感じになりました。

 

今回は簡単に。

急坂がしんどいです。5分くらい登る必要があるのですが、すでに2時間くらい歩いている体にはさすがにこたえました。

今回は冬だったので落葉していて緑がほとんどなかったのですが、シーズンを選べば緑の中を走る列車とかは撮影できそうです。例によって「新緑のシーズンに期待」です。そういう意味では春が待ち遠しくなりました。

この日は夕方に鶴巻温泉の方へも行きました。それはまた次回です。それでは!